糖尿病の食事学 続

酒は体に悪いが、心にはいい。飲むかのまないかは自分で決める。

いい加減、食べ物や運動を体に「良い・悪い」と採点するのはやめることにしたい。 テレビを見ても、雑誌を読んでも、どこかの偉い先生が良い悪いといったところで、その人が責任持ってくれるわけじゃない。5/15日で酒をやめて、体重が5kg減った。 明日は飲む…

飲酒からの体重の変化

飲んだ後の体重の変化に関しての研究 ケトン体体質の時間当たりの体重推移を記録する事で基礎代謝がいかにケトン体を燃料としているかがわかる様な気がする。 月 日 時 時間経緯 体重 脂肪率 増減 イベント コメント 5 25 18:00 - 81.7 - 飲む前の体重 5 25 …

わが禁酒の記 -2-

「わが禁酒の記」の続き。糖質制限では蒸留酒は許されている。これ幸いとばかり、飲酒量は増えていった。 どうしても辞められなかった。 2015年の11月以降3日でウイスキー1本を開け、毎日糖質0ビールを1リットルは呑んでいた。これって落とし穴だった。 酒を…

「足のケア」 痺れに関しての新たな知見

僕はプールに通っている。水泳が健康に良いことは既に何度も書いている。 もちろん、水泳だけではなく、あらゆるスポーツは良い(僕に合っていたということである) 基本的には、筋肉を動かすことで、GULIT4がインスリンの指示を受けなくとも血中内から「ブ…

「糖尿病学」宣言

2015年僕は糖尿病の合併症で失明すると宣言された。 床に入ると、足の指先は痺れと痛みが激しく、眠るのにも一苦労であった。この25年間何度も生活を変えてこの病を打ち負かそうとしてきたが、局地的に勝つことはあったが、総合的には負け越しであった。つい…

アーサー・クライマン「病の語り」、アーサー・W・フランク「傷ついた物語の語り手」

気になって、買った。届いて一読、かなり凄い。 色々と、考えていたことがドンピシャであった。専門家の独占している医療と呼ばれる権益領域の問題を考えねばならない。この動画は余り好きではないかもしれない(2019/7/13)。素晴らしい、今年は哲学者にな…

「足のケア」、歯のケア、パブリカのオイル煮

以前に足のケアに関して書いた。 この時の、カサビタは消えたようなのだが、昨晩なんか痛むなあと思ったら、またカサビタができていた。 出来たきっかけが何であるかはわからないのである。 カサブタが、化膿して化膿出来なくて壊疽が生まれ、切断するほかな…

皿洗器(食洗機)と付き合う

最初は、東京で高田馬場から中井に引っ越した時に買った。27−28歳の頃だと思う。 この写真を見ると、今でも使っている鍋や道具類がある。何とも懐かしいものである。 この時の食洗機の宣伝のコピーをよく覚えている。皿洗い機を買ったのではなく「二人の時間…

社会の病としての糖尿病、「病理社会学のススメ」

糖尿病が社会の病であるという言を書いた。確かに、遺伝的形質もあるだろうが、戦後の患者数の増加の説明はできない。先日、新潟市の市民プラザで『「運動」量が減ったから糖尿病が増えた』と大学病院の偉い人が講演していた。 僕にはもっと大きな原因が有る…

目のケア、精密検査

昨日(2015/12/2)は、眼底の撮影をした。 2015/11/20の診察を受けて、今回はより精密に状態がわかる検査を行った。投影剤を点滴して、白黒写真で眼底の血管の状態を取るのである。投影剤は出血の箇所を特定するために点滴で入れる。『緊急の手術の必要はない…

「足のケア」、皮膚全体の話

突然、カサビタが出来る現象に関して論じている人は少ない (というか見たことがない)。数日前のエントリーで「足のケア」について書いた。僕の場合、突然、カサビタができるのである。 本当に、突然なのである。 例えば、このすねの部分は数日前から『ヒリ…

毎日変わる血糖値プロファイル

この1ヶ月の血糖値の推移である。 ここ数日の血糖値が低く止まっている。何がきっかけなのだろうか?体重と体脂肪率は目立った変化はない。 11日、ウオーキングを開始した。食事はおでんであった。 その後、ほぼ毎日簡単なストレッチしている。 その前にも低…

糖尿病=「社会のカナリア」試論

『食事はアウトソーシング出来ない』これが言いたいことである。 【 II型糖尿病の捉え方には2つの考え方がある。】1)社会の構造的変化 2)患者の不摂生無論、その両者は、分かちがたく、混合されるが、最終的にはどちらかに収斂する。 戦前は殆ど無かった…

人工透析と糖尿病の類似点

人工透析と糖尿病の類似点を思って事がある。 腎不全発症から10年―なぜ私は人工透析を拒否してきたか作者: リュウ・ウェイ出版社/メーカー: きずな出版発売日: 2015/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 『なぜ私は人工…

記念の尿糖試験紙

そういえば、当初の糖質制限の時の効果を測る道具はは尿糖の試験紙しか無かったからなあ。 血糖値は5月6日から測り始めている。 食事療法を始めたのは4月8日からだった。 効果を図る手段は、尿糖試験紙しか無かった。 どこに向かって進んでいるのかも分から…

BSPの仕様の拡張

幾つかの仮説が有る。これを元にBSPの分析機能を拡張したい。 A1cと日常血糖測定の関連に関する仮説 多分何かあるが、上手く分からない。 とにかく120日刻みでの集計が必要。 日付は指定の日付に対して過去120日を見ることになる。 毎日1/120づつ要素が入れ…

糖尿病性眼底網膜症と向き合う。今日(2015/11/20)は記念日

2015年4月8日は僕の記念日である。 眼科医に眼底網膜症がステージ2の最終状態にあり、すぐにでもレーザーでの治療が必要だと宣告されたのである。 しかし、僕はレーザーを選ばないで、食事で直そうと決心した。 今日は別な眼科に行った。どうしても、あの眼…

インスリン受容体の謎

インシュリン受容体についてはまだ謎だらけのようだ。 このページが綺麗だ、ビックリなのである。一回受容体と結合したインスリンはもう結合しないのだろうか? 何らかのマーカーの存在が有るのだろうか?そのまま、分解されるのだろうか?652069

「足のケア」 ここ数日、どうもおかしい。

足のケアに関しては以前にも書いている。 6月と8月である。やはり気になるものである。右足の詰めの奥が黒くなった。 数日前にプールでウオーキングしてからである。 左足のスネがカサビタになった。 なぜか突然カサブタになるのである。 壊疽であろうか?不…

血糖値の測定をはじめてから201日1982回である。

もうすぐ測定も2000回だなあと思っている。 体の何箇所かで刺すような痛みが感じられる。常にではないのだが、時折、感じる。 この日も書いていた。 右の脇腹、右の背中の肋骨の間、右の足の指の付け根 足のしびれは毎日違う、軽かったり強く感じたり、様々…

娘と料理を作る。料理を継続するという事。

来年高校3年になる娘と夕食を一緒に作っている。 今日は冊のイナダがあったので、刺身包丁の使い方を教えた。彼女が「再来年の4月にはいなくなるんだ」と言った。『そうなんだよ、社会と向き合って君はすべての問題を自分のものとして解決していかねばならな…

総合的な科学としての糖尿病学

11月14日は世界糖尿病デーだそうである。糖尿病は実に多くの学問分野と隣接していると思う。 少し整理しtみたい。 特に、患者の家族などのコミュニティの問題が面白い。 昨年から今年にかけて、イジメの研究をしていたので、結構共通点が多いことに気がつい…

糖尿病の恐ろしさ。糖尿病は人間関係を破壊する。

僕は30歳台からの糖尿病患者で、いくども治療を初めては、止めてを繰り返し55歳になる。いま、糖尿病はとても恐ろしいものだと言うことを理解できた。糖尿病は人間関係を破壊する。合併症も恐ろしいが、糖尿病は合併症があらわになる以前にその凶暴な牙をむ…

昼飯と、パシフィック・リムそしてBSP

大体、10mg/dl程度のアップの昼食である。 ちょっと一休みである。 大根の味噌汁、三角揚げの肉詰め、鳥、焼き魚(秋鮭の自作西京漬け)、ゆで卵、チーズ 満腹で満足する食事である。 パシフィック・リムのフィギャーが来た。 ああ、今夜はまた見よう。 明…

平成の『ええじゃないか』とハロウインー、

ハロウインの渋谷の映像を見ながら、ああ、あの時代の「ええじゃないか」もこういう感じなのだろうなと思ってしまった。 そして、『竜馬暗殺』という映画を思い出した。その映画の中で、江戸末期の京都での「ええじゃないか」が描写される。龍馬が暗殺された…

酒抜き実験の推移

2015年10月に入ってから、酒の量が増え続けていた。 血糖値の月平均も 9月142mg/dl ー> 10月151mg/dl だからずいぶん高い数字になっている。 ビールも糖質0ならいくら呑んでもいいということで、増え続けてしまった。 ビール1リットルにウイスキーか焼酎が…

厚着実験開始

僕は冬でも半袖なのである。 暑がりというか、なんというか、若い頃からそうなのである。ふと、薄着って糖尿病に悪いかなあと思い厚着することにした。股引を履いて、ズボンを履く、長袖を着て、セータを着る。 マフラーもする。 気がついたのだが、温かいっ…

糖質制限雑感、久しぶりにパスタ実験+青汁

子供の作っていたパスタ(カルボナーラ)がうまそうだったので、食べてみたくなった。 実験とか言って食べるあたり、まさに炭水化物依存症である。昼食、青汁、パスタ実験(ゆで)50g、ロールキャベツと煮鶏。 しかし、こんな食事で満腹なんだからなあ。 ロー…

BSPネタ「文字検索」完成、マユの寝姿

BSP快調である。文字列の検索が出来るようになった。開発の当初から、これがやりたかった。毎日の生活が続く中で、自分のイベントと、どう血糖値が関連付いているのかはデータの検索を通じた振り返りが必要だと思っている。「ラーメン カレー」「プール」で…

専門家とは何か? 権威の誕生と失墜のプロセスの研究。

オギャアと生まれて今に至るまで、ヒトは誰かに頼って生きている。 そうしなければ生きていけないのであるから当たり前の事である。誰かに頼りながら生きていくことは成長に時間のかかる「ヒト」にとっての宿命である。世界は広い、そして個人の知見は狭い。…