JOKERには驚いた。(1)格差社会はテロで滅びるほかない。

見たいなあと思っていた。
DVDが新作で出ていたので借りた。


バットマンって嫌なやつだなあと少し前から思っていたのだが、まさにそのとおりであった。
マーベルって底が浅いなあと思っていたが、そのとおりだった(JOKERはDC)。



格差社会とは、「持たないもの」が「商品を買う・家賃を払う」ことで生まれる利益を「持っている者」が何も働かないで金は溜まっていく過程だ。
そして「持っている者」は子どもが相続して、生まれながら持っている世代ができる。
この30年で生まれた新しい仕組みである。

人の社会は定期的な季刊をいて、破滅が訪れる。
多くの遺跡文明がそれを物語っている。



かつては階級と呼ばれ、法律や社会制度(公認された暴力装置=警察・軍隊)で守られていた。
なにせ、彼らの給料を払っているのは「政府だし、政府を動かしているのは税金を払っている企業」だからね。

ゴーンを見ればいい、金さえあれば何やったって許される。
それをおかしいと思わないほうがおかしい。
あいつの金は山程の労働者を解雇して得たものだ。
そして、その利益から税金が払われる。
多くの人の人生を断崖から突き落としてV字回復などというのはちゃんちゃらおかしい。
あいつが優秀だったわけではない。社員をともに生きる人間と考えなかったところが問題なのだ。
自分お決定が多くの人の人生を破滅させることに何ら負い目を感じないガマカエルだからできることだ。

今の社会格差は、「公平な(公的な)学校教育が生む「不公平な格差」の問題なのだ。
能力がないから、会社の上級職になれないと言うが、コネがなければ入社試験の面接でも話しかけてもらえない。



バットマンは「持っている者」の守護神である。


M&Aとディールの経済学は、いずれ世界が誰か一人のものになり、その一人に忖度する世界になる。
そしてJOKERは何も持たないからこそ、自由になるのだ。



しかし、JOKERはすげえなあ。

そしてこの映画が世界中で受け入れられている事がこの世界を写している証左である。




www.youtube.com




JOKERこのクソッタレな世界を破壊してくれ。
出来たらあまり痛くしないでね。
僕には、鉛筆消すマジックは止めてね。

masaya50.hatenadiary.jp


このダンス覚えなくっちゃ。
www.youtube.com


www.youtube.com



ダークナイトのジョーカーもすごかったよね。
www.youtube.com


この映画もすごかったけどね。
www.youtube.com



ジョーカーがTVで披露するギャグの「ノックノック」というのはこのことなのだろうか?
ノックノックと言うと思い浮かぶ。
www.youtube.com