やっとチェルノブイリ級、地震の何を知っていると言うのだろうか?

前から考えていたんだけど、まだ終息もしていないのにどうして終った様な事を書く。

最悪の事態が進行しているのだ。





いまだ、放射性物質の放出量が1/10だから低いとか言っているが、そんなの関係あるめい。

まだ余震は続いているし、原子炉の中もどうなっているか分らないんだし......

メディアも政府も相変わらずの体質である。



チェルノブイリ急にならないと言っていた連中はみなはずれである。


今も地震があった。


地震が現在の様に科学的に記述され始めて50年も経っていない。
あくまで記述されているだけで予測出来る様になった訳ではない。


その程度の経験で何が分ると言うのだろうか。

おこがましいものだ。



地震学者なんてものは何の役にも立たない。

こんな地震のスの上に原発作らせたんだから、ねえ。


朝日新聞から

福島原発事故、最悪「レベル7」 チェルノブイリ級に

2011年4月12日12時39分
印刷
ブログに利用

福島第一原子力発電所の事故についてレベル7とすることを発表する原子力安全・保安院の西山英彦審議官(左)と広瀬研吉内閣府参与=12日午前11時48分、東京・霞が関、高橋雄大撮影

上空から見た福島第一原発=3月24日、エア・フォート・サービス提供

原子力事故の国際評価尺度
 福島第一原発の事故について、経済産業省原子力安全・保安院原子力安全委員会は、これまでに放出された放射性物質が大量かつ広範にわたるとして、国際的な事故評価尺度(INES)で「深刻な事故」とされるレベル7に引き上げた。原子力史上最悪の1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故に匹敵する。放射性物質の外部への放出量は1けた小さいという。12日午前に発表した。

 保安院は3月11日の事故直後、暫定評価でレベル4としていた。放射性物質原子力施設外に放出されるような事故はレベル4になり、それ以上は、外部に放出された放射性物質の量でレベルが決まってくる。

 18日に79年の米スリーマイル島原発事故に匹敵するレベル5に引き上げた。レベル5は放射性ヨウ素に換算して数百〜数千テラベクレル(テラは1兆倍)の放出が基準だ。その後、放出された放射性物質の総量を推定したところ、放射性ヨウ素換算で37万〜63万テラベクレルになった。INESの評価のレベル7にあたる数万テラベクレル以上に相当した。福島第一原発では今でも外部への放出は続いている。

 チェルノブイリ事故では爆発と火災が長引き、放射性物質が広範囲に広がり世界的な汚染につながった。実際の放出量は520万テラベクレルとされている。福島第一原発の事故での放出量はその1割程度だが重大な外部放出と評価した。評価結果は国際原子力機関IAEA)に報告した。

 福島第一原発では、原子炉格納容器の圧力を逃がすため放射性物質を含む水蒸気を大気中に放出した。さらに地震後に冷却水が失われ核燃料が露出して生じたとみられる水素によって、1、3号機では原子炉建屋が爆発して壊れた。

 2号機の格納容器につながる圧力抑制室付近でも爆発が起こったほか、4号機の使用済み燃料貯蔵プールでの火災などが原因で放射性物質が大量に放出されたと見られている。内閣府の広瀬研吉参与(原子力安全委担当)は「3月15〜16日に2号機の爆発で相当量の放出があった。現段階は少なくなっていると思う」と話した。

 東京電力原子力・立地本部の松本純一本部長代理は会見で「放出は現在も完全に止まっておらず、放出量がチェルノブイリに迫ったり超えたりする懸念もあると考えている」と話した。

 ただ、原発周辺や敷地の放射線量の測定結果は3月15〜21日に非常に高い値を示していたものの、その後低下している。4月10日に非公開で開かれた安全委の臨時会で保安院の黒木慎一審議官は「最悪の事態は今は脱した」と報告している。(香取啓介、竹石涼子、小堀龍之)

36518