幸運な病のレシピ( 2664 ):焼きそば、魚、鳥(塩麹)、青椒肉絲

「商品化された食事」「政治的に正しい皿の上の栄養学」が『ガンや、認知症、心疾患に循環器、壊疽に肺炎、透析に眼底網膜症、骨阻喪症にリュウマチ痛風膠原病に難病指定、薬で下がる検査値の異常(糖尿痛颶風高血圧に高脂血症)』を生んでいる。
「病(と医者が呼んでいる災厄)」は食事の反映でしかない。

炭水化物は毒ではない、誰もが抗えないほどに魅力的すぎる。食卓は、炭水化物が中心になり、緩慢で直接的な因果関係の見えない欠乏症を生む。
食事作りは面倒だ、私達が作れなくなったのには理由がある。そして僕は毎日素材から食事を作る。


【2021年6月17日】焼きそばがあったので作ることにした。今日は妻のパートなので夕ご飯のお弁当になるものも作った。当然夕ご飯にも食べる。品数が多くなった。出来たので二階から降りてきた妻が、驚いていたのが嬉しい。厚揚げが悪くなる前に煮付けた、牛肉が悪くなりそうだったので青椒肉絲にした。魚は昨晩スーパーでの特売品、合わせて150円くらいだ。焼いておいて食べるが余ったらマユのご飯にもできる。ホッケが焼きびたしで美味しいのを発見。昼は焼きそばパンを食べた。