運な病のレシピ( 1949 )昼:たこ焼き 3回勝負(一勝一敗一引き分け)

【 2020/2/23の食事 】

たこ焼きほど素敵なものはない。パリッと焼けた皮がクリームシチューをくるみ、中のとろみの中心にタコが柔らかく座っている。20年前に大阪で知ってから、僕は大好きである。
タコが上手く煮えたからたこ焼きが食べたくなった。


実に5年以上作っていなかった。残念な仕上がりであった。(一敗)
薄皮はパリッとなって嬉しかった。
f:id:masaya50:20200223195053j:plain

少し焦りすぎたか。これがあるから料理はやめられない。次回はもっとうまくつくるぞ。
今度、友人の「たこ焼きマスター(屋台用のたこ焼き器を持っている)」に習いに行かなくっちゃ。

f:id:masaya50:20200223194912j:plain:w350 f:id:masaya50:20200223194926j:plain:w350
f:id:masaya50:20200223194936j:plain:w350 f:id:masaya50:20200223194946j:plain:w350
f:id:masaya50:20200223194958j:plain:w350 f:id:masaya50:20200223195015j:plain:w350
f:id:masaya50:20200223195026j:plain:w350 f:id:masaya50:20200223195041j:plain:w350



娘が焼いた、キムチ納豆たこ焼き。良い出来であった。(一勝)
f:id:masaya50:20200223195111j:plain:w350|f:id:masaya50:20200223195132j:plain:w350|


残っていた粉で焼いた。少し「カン」が戻ってきたが今ひとつである。(引き分け)
チーズたこ焼きである。タコが入らなかった。
f:id:masaya50:20200223195151j:plain:w350|f:id:masaya50:20200223195202j:plain:w350|
f:id:masaya50:20200223195215j:plain:w350|f:id:masaya50:20200223195228j:plain:w350|



masaya50.hatenadiary.jp



夕方マクドナルだ食べた。
うんまかった。

夜はキムチチャーハンでバッチリ高血糖である(笑)。
まあ、今日はそういう日だということで。
うんまかった。



「商品化された食事」「政治的に正しい皿の上の栄養学」が『ガンや、認知症、心疾患に循環器、壊疽に肺炎、透析に眼底網膜症、骨阻喪症にリュウマチ痛風膠原病に難病指定、薬で下がる検査値の異常(糖尿痛颶風高血圧に高脂血症)』を生んでいる。
「病(と医者が呼んでいる災厄)」は食事の反映でしかない。

炭水化物は毒ではない、誰もが抗えないほどに魅力的すぎる。食卓は、炭水化物が中心になり、緩慢で直接的な因果関係の見えない欠乏症を生む。
食事作りは面倒だ、私達が作れなくなったのには理由がある。そして僕は毎日素材から食事を作る。



今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。
『炭水化物がいらない食卓』はこちら『幸運な病のレシピ 宣言』は[http://d.hatena.ne.jp/masay