幸運な病のレシピ( 1704 )昼:父の散歩、「まさや亭」のラーメン

【 2019/11/13の食事 】

半年前、父はフレイルで15kg痩せた。全く反応しなくなり食事も取れなくなった。
実際に家族がなってみてわかることも多い。
masaya50.hatenadiary.jp
食べてくれなくなったも、毎日食事を作り続けた。そして突然の回復。そして散歩したいと意欲が出てきている。


「今、自分が何歳か」しきりに確認したがる。一時は全く興味を示さなくなっていた新聞を読み始めている。、今日の日付を知りたがる。
精神面での顕著な寛解(回復ではない)である。



ラーメンを買いに出た時偶然見かけたので、一緒に「まさや亭」のラーメンを食べた。
話をしたら時折歩いているそうである。
昨年は全く歩かなくなったが、また歩き始めたようだ。
自分から黙って散歩するとは思わなかった。

www.youtube.com

masaya50.hatenadiary.jp
f:id:masaya50:20191113225535j:plain


家に付いたので一服して拉麺を食べに来てもらった。


ラーメンを作って一緒に食べた。
僕は生ラーメンにいろいろな具を載せて食べるのが好きだ。
f:id:masaya50:20191113225357j:plain
母が生きていた頃、出前を頼んでもらいたいと言われると、僕が作ったものだ。
母は「美味しい、どこのラーメン屋さんだ」と聞く。
僕は「まさや亭」だと答えたものだ。
拉麺を作りながら思い出しては泣きそうになる。

www.youtube.com




2時間位してまた食べに来た。
腹減ったのだろう(笑)。
冷凍の焼きおにぎりとよー^グルトにキャベツでフツーに食事を作った。
拉麺のことは忘れていた。

f:id:masaya50:20191113225346j:plain
f:id:masaya50:20191113225415j:plain




「商品化された食事」「政治的に正しい皿の上の栄養学」が『ガンや、認知症、心疾患に循環器、壊疽に肺炎、透析に眼底網膜症、骨阻喪症にリュウマチ痛風膠原病に難病指定、薬で下がる検査値の異常(糖尿痛颶風高血圧に高脂血症)』を生んでいる。
「病(と医者が呼んでいる災厄)」は食事の反映でしかない。

炭水化物は毒ではない、誰もが抗えないほどに魅力的すぎる。食卓は、炭水化物が中心になり、緩慢で直接的な因果関係の見えない欠乏症を生む。
食事作りは面倒だ、私達が作れなくなったのには理由がある。そして僕は毎日素材から食事を作る。



今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。
『炭水化物がいらない食卓』はこちら『幸運な病のレシピ 宣言』は[http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170815