幸運な病のレシピ( 1481 )朝:鳥カツ、舞茸とゴーヤの天ぷら、鮭2種、ブリ味噌漬け、味噌汁

【 2019/8/17の食事 】

鶏肉が悪くなると悪いのでカツにした。

胸は脂肪が少ないのでカツが旨い、モモは脂肪が多いので唐揚げにする。
ゴーヤを天ぷらにしようと思ったら舞茸があったので、合わせてかき揚げにした。
f:id:masaya50:20190817101543j:plain
youtu.be

魚は3種類、嬉しい

一日少しずつ食べる。
安売りの魚を買って、ブリ系の魚は味噌につける。
タラは焼きびたしにする。
鮭は物による。
塩サバは時々揚げて、時々焼く。
f:id:masaya50:20190817101555j:plain

キャベツ切って朝ごはんである。

妻と娘は買い物に行ったので、昼も僕一人である。
そうめん作るか
f:id:masaya50:20190817101607j:plain

ちょっと涼しいので、食事を作って盛っていった。

色々とにぎやかな効能の書かれているジュースを買った。
f:id:masaya50:20190817103741j:plain

f:id:masaya50:20190817181255j:plain

昼過ぎに行ったらおかゆを食べていた。
ヨーグルトは半分、鮭を少しである。




f:id:masaya50:20190817105426p:plain
昨日もワイン飲んでパスタ作っちまった。
まいったなあ。次の出張で色んな人にあった時驚かせようと思っていたのに(笑)。
まもなく出張である。

僕は酒を飲むと一日100g増える。飲まないと300g減る。
masaya50.hatenadiary.jp

問題は酒をやめられないということである。
生活の問題は常に依存の問題である。
そして依存の問題とは現実に向き合う自分の問題である。
医者には関与できない。
masaya50.hatenadiary.jp




「商品化された食事」「政治的に正しい皿の上の栄養学」が『ガンや、認知症、心疾患に循環器、壊疽に肺炎、透析に眼底網膜症、骨阻喪症にリュウマチ痛風膠原病に難病指定、薬で下がる検査値の異常(糖尿痛颶風高血圧に高脂血症)』を生んでいる。
「病(と医者が呼んでいる災厄)」は食事の反映でしかない。

炭水化物は毒ではない、誰もが抗えないほどに魅力的すぎる。食卓は、炭水化物が中心になり、緩慢で直接的な因果関係の見えない欠乏症を生む。
食事作りは面倒だ、私達が作れなくなったのには理由がある。そして僕は毎日素材から食事を作る。




今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。
『炭水化物がいらない食卓』はこちら『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら『幸運な病のレシピ』はこちら
人生痩たり太ったりSeason2、Season1はこちら