島田 紳助記者会見と原発記者会見が同じである不愉快

マスコミが主犯と言う事を理解していない醜さ。



記者会見の中に不愉快な質問をする記者を入れないと言うのは本当に不愉快である。

また、そんな記者会見をあたかも本当の姿であるかの様に報道するマスコミにも恐れ入る。

昼間のテレビで流されていた報道をみて呆れ返った。



全く何を考えているのだろうかねえ、この連中は。

原発の報道を思い出すと良いが、メディアがキチンと批判的でないと、このような姿勢が腐敗を生む。


そもそも、発端となった事件でさえ、その事件が生まれた時点でマスコミが適切な対応をしていたら起きなかったものであろう。

マスコミが監視しないから駄目である。



なんで、赤旗の記者が会見の席にいない。


##########################

社会は『貸し借りの蜘蛛の巣』である。

一旦借りを作ったら、いつかは返さなければならない。

メディアの力は、金では評価出来ないほどの力がある。
そんなメディアで起こった今回の話は実に象徴的である。

島田 紳助はマスメディアの中でも特殊な位置にいた。

その位置の維持に暴力団がバックにいると言う事が使われなかった訳が無い。


僕の大嫌いな大阪府知事の橋下と言う馬鹿助が暴力団の手先になっていた事だって大いに有りだ。
暴力団のお願いは聞けないだろうけど、紳介の言葉なら聞くだろう。


紳介が番組編成で異常なほどに使われているのかの解明して頂きたい。

しかし、マスコミの対応が不愉快である。


112597