『後片付け達人』への道。年をとるということ、未来を見ることの出来ない馬鹿な役人の考えている老人政策、介護政策。

最近、後片付けを担当している。
と言うか、食事作りと後片付けを一体のものとして行う必要性を感じている。

そこで、どうしたら効率的に食事作りー>後片付けを行えるかを組み立て始めている。

継続可能な生活のパターンとして食事作りを行うのだ。
一番基本的なところには『糖尿病の食事学』『父母の食事作り』がある。
そして、これは30年後の僕の生活ともつながっている。

無論、45歳になった子供が僕の面倒を見てくれることが可能な仕事についているかはわからないのであるが.......



もはや、父も母も『短期的な記憶』の連鎖を持っていない。
さっき行ったことを忘れる。
新しいことを覚えられない。

認知症(税金を使うために必要な資格)と呼ばれる範疇に入るだろう。

無論、施設に入るには、世話をする家族が傍にいるので無理であるが。




僕の廻りには『施設に入れて治療』しろなどという事をいう輩がいる。
アルツハイマー症のような場合以外はできるだけの事をする努力は大事であろう。

『お前は、介護の大変さをわからないから『自分は親を施設には入れない』などという』などと平気で言うのである。
そういう輩には本気で腹が立つ。そんなに自分の介護体験が偉いのだろうか(笑)。
僕は以前読んだ『直さなくていい認知症』と言う本が忘れられない。

確かに、自分の生活を守りながら親の生活を助けるのは難しい場合もあるだろう。


こんな時は、クレヨンしんちゃんのお母さんの言葉を思い出す。
『自分がされたくないことは、しない。』

よく晴れた日、庭を眺めている母の姿を見ると人生の意味が分かったような気がする。



現在進められている国の政策は間違えている。
現在の高齢者の年金を介護施設の経営者に回そうとしている。

この浅はかな政策はすぐに破綻する。


地方では、介護施設の経営が、あたかも成長産業の様にもてはやされているが、すでに利用者の数が施設に対して割れている。

先日の世論調査で地方に移住して施設に入るべきだという意見が60%を超えたという。
大笑いである、若者よ、そんな未来が君たちの望みなのか?


僕はまっぴらだ。







一番大事な条件は、健康で身の回りの事を自分でできるかというところである。
『買い物ー>食事作り』は無理であるが、それ以外ができれば、ある程度の自立した生活は可能なのである。


父母を見ていると、「トイレ」「風呂」「配膳(炊飯)」「皿洗い」「布団」「時間つぶし」を自分でできるのである。
そして、それぞれの担当は、元気な頃から行われていたとおりなのである。

「トイレ:各自」
「風呂:二人で入る」
「配膳(炊飯);母」
「皿洗い:父」
「布団:父」
「時間つぶし;父_睡眠・散歩、母_庭眺め・日記書き」



僕もこれができるようになる生活を目標とする。


「誰かに助けられている老後の生活」は「今の生活」と連続を持っているのである。

体が動かなくなったり、決定的な異変が起こった後では、新しい生活になれなければならない。
残念ながら、老人にそれは無理なのである。

今の僕でもきついのだから。

642613

大阪大好き!

この期間(15/9/23-30)の記録はこちら

和歌山国体の出張の後の1日、移動日だったのだ。->今年の国体に関してはこちら
なんば、心斎橋、蛍池の1日だった。

2015年9月30日
移動日

10時に友人と落ち合ってなんばに入る。

なんばをウロウロして、心斎橋の万年筆専門店で万年筆を買って、阪急蛍池の駅前で素晴らしい居酒屋に行き、飛行機で帰った。






道具屋筋から千日前、なんばである。








なんばで、ロゴ作ってもらった

なんばの字書きやさんで会社のロゴを書いてもらった。
とても素敵なお店だった。メニューや看板を書いているご商売である。同じようなお店は数が少なく、大阪で2件だけだそうだ。
「文字を書く店 さかぐち」さん 06-6645-5214 なんばの道具屋筋から黒門に向かって少し行った所を入ると見つかる。トレースしなくっちゃ。


いかにも、大阪のおいちゃんおばちゃんである。昔は手書きのお店がたくさんあったそうだ、







千日前で旨い約肉屋さん見つけた。
30年お店をやっているそうである。最初は鶴橋で食べようと思ったが、道具屋筋に行こうと思い、なんばで食べることにした。色々と見て回ったが、どうも気に入らない。黒門の方で探そうと思い、店構え見てピンときた。
はいってみたら最高である。一皿の量が少なく安いから、沢山の味を楽しめる。ホルモンが充実している。湯引きで食べたのは初めてである。美味かった。
『千日前 こいろり さん である』TEL 06-6647-7371 なんと24時間営業だそうだ。







蛍池で家庭の味を食する。
『居酒屋 三幸さん 06-6853-6104』

蛍池で飲み屋を探して歩いたら、古本屋さんを見つけたので、10冊近く買った。
親父さんに聞いたらもう少し奥のお店を紹介されたので、行ってみた。

きさくで素敵なおかみさん。

このお店ドンピシャの最高なのである。
サンマの開きの焼き物、様々なオカズ、バラ肉とキャベツのおひたし、煮しめも味が薄くて素晴らしい。
大阪の家庭の味かも知れないが、実に『糖質制限』しているのである。

蛍池駅近辺には、いくつか飲み屋があるようだったが、ここのお店にしてよかった。



ええなあ、大阪、やっぱ、大阪は僕の第二の故郷。


635470

国体のお仕事 八王子大好き (1) 。

今年の国体は東京大会だった。
ゴルフ競技は八王子市が会場になった。
今回の宿は町中だったから、飲み屋に行けて嬉しかった。

新潟は焼き鳥屋さんが美味しくない。
東京からUターンして一番に感じた事である。
無論例外的に旨い店も有るが、ほとんどは駄目である。

京王八王子駅のすぐ横に焼き鳥屋さんがあった。
道に迷って、店構えに惚れた。
4:30から突撃した。立ち飲み屋のテイストのあるお店。旨い!!!

ホッピーを頼んで「中だけ」を2杯いった。
この中だけというのも新潟には無い。
ホッピーも新潟では売っていない銘柄で旨かった。

焼き肉「るぱん」
外見や店構えはあまり期待出来るものではないのだが......
僕の長い焼き肉人生でもトップ10に入る。

余りに美味しくて写真が少ない。
ホルモンが柔らかくて旨い。これはビックリである。どう処理するとこうなるのだろうか。
ハラミが霜降りで旨い。

死ぬまでにもう一度行きたいお店である。

みんみんラーメン本店
2日目の講習会が昼にずれ込んだので、移動時間にラーメン屋さんに行った。
市のスタッフの人に教えて貰った。


外見からして、最高である。11時開店の時に僕を入れて10人が並んでいた。

これが「八王子ラーメン」タマネギが入っているのが特徴だと言うが、スープ自身が旨い。
麺が旨い、チャーシュウが旨い、値段が安い!

しっかりスープをとっている。

京王八王子の駅から少し行った所の「うら田」さん
泊まったホテルの真裏だった。


おでんがすごい!
コンニャクが柔らかい。八王子コンニャクと言うものが有るそうである。
牛すじも大根も絶品であった。


「生白魚」というのは初めて食べた。
後で聞いたら八王子の人はよく食べるそうだ。
僕はここ以外では食べた事が無い。この起源が知りたいものだ。

昨年の岐阜大会の時のお話 その1
昨年の岐阜大会の時のお話 その2

その前の山口大会の時

やっぱ、僕はこの仕事を楽しんでいるなあ。

371988

うどんすき大好き。

大阪にいる頃うどんすきを知ったのであるが、最高のレシピである。

時折、僕は鍋をするのだが、具材を鍋に山盛りにして水から煮込む関東風のお鍋は好きではない。
アクは出るし、加熱に弱い葉物はドロドロになるし煮えていないものもある。

いつも大坂で食べたあの味を思い出しながら作ってみる。
2003年12月18日のことである。
場所は大阪駅前の美々卯さんであった。お店の人も素晴らしく、こうして文化は守られているのだなあと思った。



素材はそれぞれに前処理されて、綺麗に重箱に入ってくる。
白菜は丁寧に茹でられて中心には葉物がまかれている。人参は固くなく柔らかすぎもしない。ガンモドキは軽く油を取られている。焼きアナゴ、鶏肉、蛤、いずれも美味しいダシになる。繊細な下ごしらえが美しい。

二段目には固めのうどんが入っている。

鍋の一番下に敷いておいて旨味が入っていく。

生きている海老にはびっくり。僕はこれ以上に美味い海老を知らない。

煮えるのを待つ間、美味しい料理が続く。


美しい
3人で食べたのだが、見事に3人の方向に対称な形になっている。
湯葉の上に形よく切られた....(名前忘れた)がのり、白菜とみつ葉系の京野菜が浸る。


うどんすきは、食材をそれぞれに加熱して、食べやすい大きさに作っておく。
暖めただし汁に解き放ちながら食べていく料理である。
うどんを入れるのでうどんを食べる料理のように思っていたのだが全く違ううのである。

手間はかかるが、はるかに美味い。
そして、食べる人が自分で、自分にあった状態で食べる。まさに自由の国である。

だから僕は大阪が大好きなのだ。

大阪はすげえ所である。
いつか大阪に住みたい。






夕食はたけのこ入りの「うどんすき(風のお鍋)」を食べた。

旨かった。



今回の手順を書いておく。



【ベースの開始】
出来上がり15分前:鍋に豆腐と竹の子の硬い所、えのき茸を入れて水から煮る。
豆腐は切らないででまるごと入れる。少し沸騰しても大丈夫である。
白だしを入れて味を整える。

【葉物の前処理】
別鍋で葉物(「川流れ」とか「女池菜」)の茎と葉を分けて湯がく。当然茎は長く、葉の方は一瞬である。

【タンパク質の投入】
出来上がり6−7分前:鶏肉を沸騰させた別鍋にクグして、霜降りにして、そのまま土鍋に入れる。
タコが有ったので皮と吸盤を入れる。
ここからは沸騰させない、ゆっくりと低温で進む。

【うどん茹で始め】
別鍋のアクを取ってうどん(乾麺)を茹で始める。

【葉物の投入】
出来上がり3分前:葉物の茎をいれる。
出来上がり直前:葉を入れる。

【うどん投入】
釜揚げにする時は、煮上がったうどんをそのまま土鍋に入れる。
フワッとしたグルテンの雰囲気が楽しめる。

通常の場合は水でよく洗い、カチンとした歯ごたえを楽しむ。
洗った後で鍋に最初に食べる分を入れて一回温めてからテーブルに持ってくる。




今度、うどんすきにして、写真ちゃんと撮ろう。

321293



創味 京の和風だし 500ml

創味 京の和風だし 500ml

新潟そば処

新潟のそば屋は余り美味しくない。
小島屋とか、その流れのヘギ蕎麦と言うのが有名なのだが、大きなチェーン店になってしまっている。

大きなお店は多くのお客さんをさばかなければならないから、一つ一つの注文をこなす時間が短くなる。
蕎麦とウドン(釜揚げを除くが....)はゆであがった所で冷たい流水で洗う。
お湯で麺は膨張する。
麺には細かい穴が出来てそこにお湯が入っているのである。

パスタとかラーメンはお湯を切ってソースを絡めて食べる。
グルテンをとても大事にする調理方法である。

蕎麦とウドンは麺が吸った茹で汁とグルテンを捨ててしまうのだ。


生温いそばがまずいのは、この冷水で洗う工程がキチンと守られていないからである。
小島屋と言うのは新潟で有名なヘギ蕎麦のお店であるが、どこだったかのお店で、生温ーいそばを出されて怒り心頭であった。


そんな話を、先日飲みながら話していたのだが、2007年位に良く行っていたそば屋さんを思い出した。

オヤジさんと、おかみさんがお二人でやっているお店であるのだが、蕎麦がゆであがった所でガラガラガラと製氷機の氷で蕎麦をシメルのである。
シャキーンと冷たいそばは絶品である。

残念な事にオヤジさんは亡くなってしまった。
おかみさんが職人を雇ってお店は今もやっている。
一回行ったのだが、チョット感じが違った。


昨日の飲み会の後であの辺を歩いたのだが、酔っ払っていて見つけられなかった。
良く家に帰れた物だ。





登庵さんである。
新潟県新潟市中央区弁天3-2-16 


天婦羅も絶品である。


すごく冷たく締められている蕎麦。


この写真は上記サイトから頂いております。
お店はこんな感じなのです。

273275