阿賀野高校生徒の自殺を考える。(9)労働組合の時代の「イジメ」

おおよそ16年前、僕は新潟金属という鉄工所の組合の委員長になって、親会社(大平洋金属)と交渉した。【注0】

結局、0円だった退職金が割増されて1億3千万円となり労働争議は終わった。



この出来事は、僕に様々な教訓を与えてくれた。
いつかまとめないといけないと思いながら、もう15−16年経ってしまった。

今考えると、僕がイジメの問題を今のように捉えるルーツになっている。


僕は今、イジメを「共通の価値」を持ったコミュニティと「その中にいる異端をどう処理するか」であると捉えている。


僕は組合の委員長として戦い、成果を得た後に「異端者」としてイジメられた。このイジメの部分は長く誰にも話せなかったが、社会の中に当たり前にあるコミュニティのパワーゲームとしてのいい例だと気がついた。


そして、ここから書くのは、エピローグの序章である。
最終的には労働争議後に、僕や組合員、社長や経営陣がどんな人生を送ったか、企業は地域コミュニティにそんな役割を持っていたのか、というようなことを書きたいが道は遠い。

当然僕の目から見た正義の物語なので、真実(有るとしたらだが)ではない。
異論のある方もまだ生き残っている(多くの人は死んでしまった)と思うのでご自由にブログなりコメントなりを書くといい。
議論にならないコメントには返事を書かないので覚えておくがいい。





どんな交渉にも「タイムリミット、締め切り」がある。

労働組合は「スト権の確立と、ストライキから生じる社会的な損害(経営側に課される)」を武器に経営者からの譲歩を引き出す。
イムリミットは刻々と近づいてきてストをするか、和解案が出来るかが問題となる。

私達の場合は運良く、タイムリミットに間に合い、会社側との和解案が作られた。

和解の契約には「社員一人一人に受け取る金額」を決めなければならなかった。【注1】






和解案が出来た時には皆不満を持っていた。
和解後の組合活動は、全く違ったものになっていた。そこまでの一体感がまるで消えてしまった。争議の時は僕のことを恩人のように接していた組合員がよそよそしくなっていった。





これは当然のことなのである。

組合員がちゃんと手を抜かないで倒産(解散)の瞬間まで働くように、経営者は手練手管を使う。組合員は倒産(解散)後もなんとか雇用してもらおうと必死である。

組合の役員に誰が残れるか、雇用条件はどうなるべきか、組合で決めたいと話したが、誰も賛成しなかった。



倒産後の身の振り方を皆必死に考え、もはや組合は機能しなかった。


管理職の攻勢、社員への懐柔策は続いていた。そんなことが起こるとは全く気が付かなかった。
社員は、会社が解散するとわかっていて社員は上司の言うことなど聞かないのである。【注2】
部長の連中は、社員の中の親方連中(組合員)に「この会社を買い取ろうというオファーが来ている」と話をする。

それぞれの社員は生活があるから、次の雇用に自分の人生をかける。


最終日まで時間が有ったが、僕は有給をとって会社に行かないことにした。
最終日の朝、僕は会社窓をバットで叩き割る夢を見て目覚めた。
相当心が病んででいた。

あの時の、一体感は忘れられないとともに、その後のバラバラ感は強烈に僕の心を傷つけた。










当時、僕は社宅に入っていた。【注3】
毎年恒例のバーベキューが有った。
その年のバーベキュに声をかけられなかったのである。

なんか、夕方外が賑やかなので何かなあと思ってみたら、10人ほどの社員がみんなで楽しそうにバーベキューしているのである。



その風景を見たら一瞬で凍りついてしまった。皆は僕のことを「イジメ(仲間はずれ)」たのである。


もう会社にも行きたくなくなってしまった。
交渉してた時は「神様」の様に皆に言われながら、金額割を決めて和解した所で、「齋藤は何もわかっていない上に身勝手に金額を決めたと陰口を言う」僕には声も掛けなくなったのだ。


おまけに、経営陣に近い組合員はまことしやかに「親会社は最初から退職金を割りますつもりだった」という噂を流すのである。これは全くの嘘である。

交渉の過程で、当初「8千万円の割増要求」を新潟金属の社長の側から経営陣(非組合員)のぶんも要求額に入れて欲しいと言われ入れたのである。彼をこちら側につけるためである。
組合が頑張って、金額を得たことを打ち消そうとするような噂であった。





今考えれば、彼らの行動も十分理解できる。




バーベキュウに参加していた社員は、当時のM部長の「会社買い取り」のオファーがあるという話を真に受けて、組合(僕)のいうことを聞いていたら買い取られた会社に残れないぞと言う『価値』を信じたのである。
当然そんな事はないと言う僕は彼らにとっては異端者であり、「いじめる対象」であった。
僕を誘わないでバーベキュウをするというのは彼らの団結を強めると同時にM部長への媚であった。


会社の買い取り話はなかったということが分かる。
ご丁寧に、その会社が視察に来たのは最終日近くである。
職のあてのない組合員を最後まで働かせるためであった。
もしそんな可能性があったならばもっと早くから話は進んでいただろう。



そして、全ての管理職は会社の倒産の翌日から新しい会社に通うことになる(強烈である)。僕はこのM部長を許すことは出来ない。
自分は次の会社を決めておきながら、組合員を働かせるために騙したとしか考えようがない。

組合員は、その後も職もない者が多く、皆苦労した。【注4】











僕は、総務部長の予言通り(交渉の過程であんまり生意気な事言っていると田舎じゃどこも雇ってくれないぞと言われたのである)、地元の企業で雇ってくれるところもなく、ソフトの仕事に戻ることになる。
その後十年東京の会社の下請けとして生きることになった。






【注0】
最初の子どもが1999年9月に生まれた。ちょうどその時に組合の委員長になった。
ほぼ半年後に会社が倒産(解散)することを新聞報道で知ることになる。

大平洋金属と新潟金属は、資本関係はなかった(単にすべての売上を大平洋金属が占めていただけだった)。

当時、組合はまさに御用組合だった。

委員長を何期か努めると、課長代理になって、経営陣の下っ端に入る。
そんな体質はおかしなものとしか見えなかった。

唯一、経営者に歯向かっていた委員長のKさんは飼い殺しにされて、ずーっと下っ端だった。
僕は彼を尊敬する。


僕は、会議では経営陣ときちんと話し合って納得のできないことは容認しなかった。
僕のいた部署は、スリッタと言って物凄く怪我が多く、縫わなければならない様な傷も隠されていた。
労災が無いことが、適切な経営であると役所に評価されたかったのである。


3つ有った事業部のもう片方が事故が発生していないということで表彰(確か金一封も)するという議題に対して絶対に賛成しなかった。そもそも、仕事の内容が怪我がしにくい性質のものであった。
そういう表彰は、ますます怪我の隠蔽を刷っ済ませると感じたのである。


僕が働いていた3.5年の間に2名の社員(1名は下請け)が死んでいる。

とにかく、組織の欺瞞と隠蔽が蔓延していた。

事故で、僕の左手には傷が残っている。
もう少しで指を切断する所だった傷は今での寒くなるとしびれる。

それでも、工場の労働環境としてはいいほうだと言われた。


学校のいじめの問題とその隠蔽体質と同じように僕には感じられる。


【注1】
当時、社員は複雑な経路をたどり着いていた。
最近まで大平洋金属の出向者だった社員(一旦退職金を受け取って社員になっているために勤続年数がリセットされる)
多くの社員は20年近く前に一部業務を新会社に移管した時に退職金を受け取っていた。
新会社化以降の社員は、それがなかった。
面倒なことに、下請け会社から途中入社した社員もまた、退職金を受け取っていた。

当然、皆不満がある。
その不満の矛先は僕に向かった。


【注2】
大平洋金属新発田工場が閉鎖されて、新潟金属が一部の業務を受け継いだ時のことを聞いた。
親方が、職人に仕事してくれというと、「おめさん勝手にやればいいさ」と言われたそうだ。
それはそうである数カ月後には給料もらえなくなるのだから、誰も仕事などしない。
当たり前のことである。
結局、次の仕事を保証されている一部の社員が熱心に働くのである。
大平洋金属はその当時から「首切り」の得意な会社だったそうである。

僕にその言葉を語ってくれた彼(定年退職した)は
新発田のしょ(人々)は肋骨が一本足りない(馬鹿である)んだよね」「本当に馬鹿でこれほど首切り安い会社はなかったんだ」と言ってくれた。
組合の委員長として、臨時雇用扱いの社員の首切りに徹底的に反対していた僕を評価してくれたと思っている。

臨時雇用者の首切りを組合の方針として拒否していたのだが、組合員の中からもあの連中はこういう時にクビになるために雇われているのだから、容認しろというものが出てきたのである。
僕は孤立して、結局首切りを容認することになった。


実は、経営が困難であるということになった時に会社は「一時帰休」を行い職安からお金をもらった。
所が、5−6人の臨時雇用者を解雇して、この補助金をもらえなくなったのである。

一致団結して困難に向かうという考え方を持てなくなっていたのである。
新潟金属の社長(親会社の取締役)はこの時点ですでに会社の解散を決心していた。

新潟金属独自に営業して、売上を伸ばそうと話したが全くまともに取り上げられることはなかった。

【注3】
大平洋金属の社宅に入っていた連中は翌年の3月末までの入居が許可されていた。
7月に会社は解散することになっていたので通常の退出規約では2ヶ月後に退出することになっていた。
僕は社長に大平洋金属並に翌年3月末までの居住を申し入れていた。
組合との和解契約には入れなかった。組合員で社宅に入っていたのは少なかったので、交渉が遅れるのを嫌ったのである。

僕が会社を去る時に総務部長は封筒に入った紙を渡した。
そこには9月までに出るようにと書かれていた。

他の入居者は12月(10月くらいまでお情けの仕事もらっていた社員がいたのである)には皆退出した。


僕は、結局3月までいた。
総務部長と交渉した時に家賃の話も出た。欲しかったら取りに来いと言ったのだが、結局一回も取りに来なかった。

大平洋金属は僕個人に対して300万円の損害賠償の民事訴訟を起こしてきた。
結局は、3月末で転居することになり、和解した。

【注4】

結局、一部門が残り、20人が再雇用される。

最低の賃金とボーナス無しの待遇である。

その部門が残ったのも「過去に資産として計上するべきであった材料」を「廃棄したと偽りヤードにとっておいた」為である。

その材料から製品を作っていた会社が買い取ったのである。

僕は、次の会社での雇用契約や、誰が雇用されるかなどという項目も組合の交渉で決めるべきだと話したが、そんなことに賛成したら自分が雇われないと言って、誰も相違してくれなかったのである。

やっぱ、シバタ者は、肋骨が1本足りなかった。

531241

ジェレミー ブレッヒャーさん

ジェレミー ブレッヒャーさんという在野の研究者が書いた本「ストライキ!」晶文社 1980 がある。

どうしているのかなあと思ったら、彼自身のサイトがあった。

お元気なようである。





Gさんの政経問答ブログに詳しく書いてあったので嬉しかった。
岩下雅裕さんのページは面白い。労働運動の方のようだが、住民運動脱原発と結びついている。


342163

バレンタインデーの思い出

僕はおやじが50年勤めた鉄工所に4年近く勤めた。

バレンタインと言うと、そこ工場の食堂での事を思い出す。

昼休みになると、工場に各所にいる作業員が集って来る。

皆無言で、思い思いの席に座る様に見える。
しっかりと場所が決まっているのだが、最初は気がつかない。
新入りは気をつけないといけない。

三交代だから、微妙に顔を合わせる人は違う。

皆黙々と食事をする。
360円の弁当がおかれていて、作業を切り上げて来たら順に弁当をとって行く。


食事が済むと横になったり、自動車に行ったり、工場の休める所にいったりする。

近くに食堂など無いから、外に食いに行く事など考えも出来ない。

バレンタインデーにはチョコが中くらいのザルの様な入れ物に入って一番前のテーブルの上に置かれているのだ。
聞いた事も無いメーカーの一つ一つ小分けになっているチョコである。

これは何なんだろうか?


ああ、こう言う世界も有るのだなあと思ってしまった。

中学や高校を卒業して50年ここにいなければならない世界なのである。
学校は3年で卒業だが、ここには50年生がいて、長い長い階段があるのだ。




義理チョコを女の子に手渡されていた時の事を思い出す。





今も、あのてのチョコを見ると工場でのバレンタインを思い出す。



161191

組合の本質

組合の本質は、自分自身をも含めた組織全体を批判的に見る目である。

会社の中で働く社員が上層部の間違いを社会的に公表して正す。
公平であるべき社会の姿を実現する為の使命が有るのだ。

わずかな賃金の中から集められた組合費を使うのだから忘れてはいけない。


僕は手取り16万円の35歳の組合員だった。
そして、委員長になり、経営者におかしいことはおかしいと言い続けた。
それは、皆の為であり、自分自身に背かない為でもあった。

そう言う、組合の活動は結局、会社のためになるのだ。
経営者には見えない真実を見せる事になる。

自分自身の目、部下の目、組合の目、この3つの目がなければ適切な経営は出来ない。

##############################

組合は、会社の経営者と真剣勝負しなければ成らないのに、経営者から賄賂をもらっていたら、それは出来ないだろう。
会社の敷地の建物を使うのはかまわないが家賃は適性に払わないければ、それは賄賂である。
記者クラブが色々なところで事務所を使わせてもらっているのと同じである。

僕は橋下と言う男は大嫌いだが、市役所となれ合っている組合はもっと嫌いである。




自分たちに、恥ずかしくない態度で組合活動をしろ。
ストライキだけが組合活動ではない。

組織の中の矛盾や、偽善、不正行為を暴くのだ。
それは自分たちの中に有る物かもしれない。
いや、そうである場合が圧倒的なはずである。

悪人は、部下を共犯者にして、自分はもっと沢山の不正な利益を得ているのだ。
そんな奴らと戦えるのだろうか?


組合の上部団体の連中はどうしてあんなにいい服を着ているのだ?
最低じゃないか。

一番下層部ではナッパ服着て手取り16万円の給料から組合費取って、良い仕立ての背広着るのかい。



組合も、既得権益者の集まりである。


この国は救われない。


アサヒコムより

橋下市長「労組退去を」 勤務中の活動、調査指示
2011年12月27日

 橋下徹大阪市長は26日、市職員の組合活動について「庁舎内での政治活動はいっさい認めない」とし、庁舎内に事務所を置く職員労働組合に退去を求める方針を明らかにした。

 この日の市議会交通水道委員会では、大阪維新の会の市議が、市バス運転手が今月、勤務時間中に職場を離れて労組活動に参加していたと指摘。橋下氏は「組合と市役所の体質はリセットして考え直す」と答弁。議会後、市の各部局で勤務中の労組活動の現状を調査するとした。

 大阪市北区の市本庁舎地下1階には、複数の職員労組の本部事務所が入居。家賃もコンビニなどの業者と比べて4割に優遇されている。橋下氏は「市の建物は税が投入されている。えりをただすために庁舎外に出て行ってもらう」と述べた。職員労組の幹部は「まだ話が来ていない。(退去は)何が根拠か分からない」と話した。


147679

いじめの生態学 僕の工場日記

工場で働いていた頃の話である。

Kさんという人が、毎日活性炭のススだらけになりながら働いていた。
何か他の人とは違うなあと思いながら、彼は一番下っ端の仕事を黙々と続けていた。

僕は、労働組合の委員長になった。

歴代の委員長は皆、課長になって事務所で汚れる事もなく、課員を管理していた。
工場長の手先である。

Kさんが2期前の委員長だと言うことを知ったのはその後である。

彼は優秀だと思った。

組合は工場長の意図を組合員に伝えるだけの存在だった。
彼はとにかく自分の意見を工場側との会議で言い続けたのだ。

工場長は絶対的な権限を持ち、嫌な仕事に付かせることができた。


僕は彼は尊敬出来る人だと思った。
彼は、支配されない人間だったのだ。


労働組合の委員長は役職に就かないでも充分な手当が組合員から保障されないとだめだよなあ。
そうしなければ、戦う事は出来ない。


僕は全労などの偉い連中が高そうな背広着ている事が許せない。



しかし、Kさんは今何をしているだろうか。
お会いしたい物だ。


15127

人生最高の日 あきらめてはいけない事を知った日

それは多分1999年の6月くらいだったと思う。

何度も何度も思い出しては涙が浮かんで来る。




【 工場日記 】

33歳の頃、東京での人生に区切りを付けて、地元に帰って来たが仕事は無い。
オヤジが長く経理を勤めていた新潟金属という小さな金属加工の会社に入る事になった。1994年くらいのはずである。

大平洋金属と言う、日本で大手のステンレスを作る会社が親会社で、作られたステンレスをコイルに加工するのが僕らの仕事である。

現場に2年くらいいた。初日僕の親方は高校卒業の20歳で、トイレに行ってしゃがむ金隠しにウジ虫が歩いているのを見て憂鬱になった。
工場長は、オヤジと犬猿の仲で『お前を事務所に入れる事はない』とはっきりと言う。
それでも辞めなかったのは、オヤジは社長と大の仲良しだったからと、オヤジの顔潰す訳には行かなかったからだ。世襲の就職である。手取り14万円の工員生活である(ベースアップ毎年5000円ボーナスは1.5ヶ月くらいだったかなあ)。


仕事は単調で、僕は何度も間違えた。その度に、「学士様でも間違えるんだねえ」とつぶやく梱包の爺さんがいたなあ。

まだ手にはその頃の傷がある。スリッターと言って鉄のコイルを一定の幅に切る仕事である。鉄が切れると言う事を知ったのも、歯を組んで実際に鉄を切るのもビックリの体験であった。



当時の写真:一番右が僕



工場での体験は、学歴と人間の優秀さは全く関係ないことを知った。素晴らしい仲間を得た。

毎日どこか遠くでまたソフトの仕事をしたいと思い続けていた。

その後、結婚、事務所でコンピュータの仕事をする様になる。

僕は1998年中頃に小さな鉄工所の労働組合の委員長に選ばれた。娘が生まれる少し前の頃である。




会社は親会社によって計画的に倒産させられる。その事自身は問題ではない。経営は難しい物だ、毎月社員に給料を払うだけでも辛いものだから。しかし、経営者は誠実でなければならない。

問題は、親会社の社員には多額の退職金が出るのに対して、僕らには規定通りの金額しか出なかったのだ。
頭に来た、くやしかった。


【 ストライキ 】

上部の労働組合に相談に行ったが、長年御用組合として経営者の手先だった僕らの会社は組織としては相手にされなかった。

会費を払っていなかったから公式には何らサポートしてもらえなかった。経営者の意見を社員に伝えるだけの組合だったのだ。組合員から金を集めて、経営者の言いなりになって結局は自分たちの首を絞める事になっている。『御用組合』とは良く行ったものだ。

ただ、そこで相談にのってくれた人は良い人で、いくつかアドバイスをもらった。


労働組合で「スト権を確立する事」
ストライキと言うのは合法的な恐喝である事。
◯用意周到に秘密に進めなければならない事。
◯全員が敵である事。


社内の納品先を当たり、何か手は無いかを考えた。

本社で、交渉をして、退職金の上乗せは駄目だと言う事を確認した。

組合員(100人弱だった)を集め組合総会で「スト権を確立」した。


日本精機と言う会社は長岡にあり、世界中のスピードメータの80%を供給していた。うちの会社は小指の先ほどの小さな部品を出荷していた。その会社に僕は一人で乗り込んで、来月からその部品が出荷出来なくなる事を伝えた。

スト権を確立しているので、損害賠償は経営側に行くのだ。

大騒ぎである。世界中の自動車がメータ無しで出荷される事になるのだ。小さな部品と言っても、金属特性をクリアしなければならず、簡単には代替えは見つからない。(だから、この合法的な恐喝は成立するのだ。)


親会社の大平洋金属に圧力がかかり、結局労働組合は1億3千万円を得る事になる。



その間の事、その後の事はいつか書きたいと思う。
余り気持ちのいい話では無い。

毎日経営者側の人間からは圧力をかけられるし、組合員も倒産後の雇用を餌に僕の足を引っ張る。
皆、生きるのに必死だから、責める事は出来ない。
人は自分に見えるものしか見る事は出来ない。



【人生最高の日】

会社側と契約が締結されて、相談に行った上部団体の人にビール券を持って挨拶に行った。
『契約が決まった後で僕らはバラバラになった』と話した。

その時に、彼に言われた。
「あなたは労働組合の存在意義を証明したんだ。それは素晴らしい事なんだ。」と。
帰りの道を自動車で運転していたら涙が止まらなくなった。

僕はこの日の事を忘れない。

新潟市からの帰り道をボロボロの軽自動車で走りながら、その言葉を何度も思い出していた。






毎日オルグ(組合員に話をする事)の為に朝6時から全工場を回り、書類を作り、金額の分け方を決めて行った。何度もどうして良いか分らなくなった。

いくら金を引き出せるかのギリギリの交渉だった。タイムアウトストライキの開始)は迫る、組合員は様々な意見を出す、猛烈に辛い日々だった。

毎日、バックドラフトのテーマを聞きながらボロボロの軽自動車で会社に向かう日々だった。

荒っぽい組合員の連中と怒鳴りあうことも有った。




あきらめないで良かったと思った。
僕の人生はどんなものになるかは分らないが、この時「1億3千万円」を得られた事は忘れられない。





ストライキが終った後の飲み会、組合員の半分くらいしかいない。まあ、倒産後なんだから全員で喜ぶと言う訳にもいかないからねえ。金額の割当や、倒産後の再雇用(一部の部門が生残る事になっていた)などの問題から、僕に恨みを持っている人も多かった。




もうひと頑張りして、再雇用の先での条件とかを決めたかったが、それは無理だった。経営者は狡猾で、労働者は自分の見える事しか見えなかった。部長に君は優秀だからなあとか言われたら再雇用されるのかと思うのが人情である。


結局、従順に言われた事をする社員が最低の条件で再雇用される。




生きて行くのがやっとの生活をしている羊飼いは羊毛を刈り、羊毛は遠いどこかで高く売り買いされる。
羊達が一斉に羊毛を伸ばさないことができればもっと良いもの食べさせてもらえるだろうにねえ。






【負けたくない人達に......】

今、不況で、労働者と経営者は互いに取り分を奪い合っている。
正社員はますます少なくなり、社会は間違えた方向に向かっている。

経営者は社員を道具としてしか見ることが出来ない。
社員は、互いに助け合うことができない。団結出来ない。バラバラにされて、切り崩される。

そして、経営者も、親会社から切られる。遠い所にいるだけかが大笑いする。



互いに人間として尊重しあって、生きる道はないのだろうか。

辛い戦場で戦っている人達の為に、この頃の事を思い出してみたい。

この頃作ったweb


この協定書以外に各組合委員にいくら払うかを明記した書類が必要。
とにかく、お金が振り込まれるのは会社が無くなった後だから、法的に対抗出来る書類を作る。
会社が約束を守るなんて思っちゃいけない。

僕らの運がよかったのは親会社が残り続けていた事、金が十分あった事、この2点である。



振込が有った事が確認された後で、組合の積立金の配分を行った。
経営者が約束を破った時に戦う為に金は残しておいた。

弁護士さんにはとてもお世話になった。


この書類は、親会社と会社の覚え書き。
コピーを貰っておいた。


僕はこの争議でいろいろなことを知ったと思う。

人生には体験しないと得られない教訓もある。

大事な事はあきらめない事、自分を信じる事、誠実である事。


時にあの時の「友、同志、裏切り者、敵」の事を思い出す。
みなどんな人生を生きているだろうか。
どのような人生を生きただろうか。


この物語のエピローグはどのようなものになるのだろうか。